サンバチームRoda Giganteの活動記録 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ミャー on  | 

パンデイロの選び方!!!!

先日の「パンデイロ音楽教室」に来ていただいた方々、
本当にありがとうございました!!!!

第2回目となった今回は、
前回とは違ったアプローチで楽しんでいただけたかと思います。
特に今回やったことは、初心者でも簡単かつ何にでも合わせられるパターンで、
ちゃんとマスターすれば、即セッションOK!
パンデイロを知らない人が見れば「おぉー!!」ってなると思います。

マジで今から頑張れば、
忘年会の余興でギターの伴奏を頼まれても大丈夫くらいの
腕前にはなると思うので、皆さん続けてみて下さい。

2014_7_22_1.jpg



で、“パンデイロの選び方”なんて大層なタイトルを付けましたがw
最初に買うなら、、、

CONTEMPORANEA(コンテンポラネア)の
PDMV105Cでいいと思います(どーん)!


Contemporanea CO-PDMV105CR パンデイロContemporanea CO-PDMV105CR パンデイロ
()
CONTEMPORANEA

商品詳細を見る


「パンデイロ音楽教室」でやっているモダン奏法をメインとしたパンデイロを選ぶ場合、

革ヘッドでラウンドフープが大前提になります。

105Cはその条件のパンデイロのスタンダードで、
1番入手しやすく使い勝手もいいです。

これだけだと、ちょっと大雑把過ぎですが、これに尽きると思います。


もうちょいポイントになることを書いておくと、、、

まず、パンデイロはブラジルの楽器なので、
CONTEMPORANEAやRMV、GOPEなどの
ブラジリアンメーカーを選びましょう。
LPやPearlといった有名メーカーのモノは「帯に短し襷に長し」で、
結局ブラジルのモノに目が行くようになります。

あ、有名メーカーでも、REMOの今出ているスキンディープを張ったパンデイロは評判良いです。

REMO LREMPD821081113REMO LREMPD821081113
()
REMO

商品詳細を見る

特にヘッドが良く、このヘッドを他メーカーのパンデイロに張る人も多いくらい。
(最近はヘッドだけでも購入もできるようです!!)


あと日本が誇るパンデイロ職人、イシケンさんのParka.はすっごく良いです。
「パンデイロ音楽教室」でハセタク君のパンデイロを触ったことのある人は
分かってくれると思います。

イシケンさんのHP
(余談ですがブログに必ず登場するネコのフックがキ・ボニートw)


とりあえず1台欲しいってのなら、やっぱりコンテンポラネアの105Cですねぇ。
(105Cの廉価版である105Nっつーのもあります)
で、それを基準に重量やジングルの鳴りなど、
自分の好みを追求していくのが良いと思います。


第2回「パンデイロ音楽教室」は、なんと!!
マチルダマーチでハセタク君と一緒にやっている、
プロギタリストのウエキ弦太さんがサプライズ登場!!

2014_7_22_2.jpg

パンデイロとギターのセッションを楽しみました。
スポンサーサイト

Category : サンバ
Posted by ミャー on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodagigante.blog.fc2.com/tb.php/55-1a273d4a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。